【本日の話題】ケンドーコバヤシがフジテレビ系連ドラで同性愛者役に挑戦
吉本興業所属のお笑い芸人、ミスターやりたい放題ことケンドーコバヤシ(36)が、 4月からスタートするフジテレビ系連続ドラマ「BOSS」(毎週木曜日・午後10時〜)で、 連ドラデビューすることがわかった。映画「バッチギ」(監督:井筒和幸)で見せた演技力を、 村瀬健プロデューサーが惚れ込み、今回の出演が実現したという。

ケンドーコバヤシの役どころは、主演の天海祐希(41)扮するボス(警視庁捜査一課特別犯罪対策室室長) の部下で、同性愛者の刑事役。同僚刑事役で玉山鉄二(28)、後輩刑事役で溝端淳平(19)らが共演。 おそらく玉山鉄二に恋心を寄せる設定になる模様。

ケンドーコバヤシ本人は「台本を読み進むうちにホモ役だということがわかった。 天海祐希、戸田恵梨香、吉瀬美智子、というものすごい美女達がいる現場で、僕だけ男としかカラミがないんですよ。 男のケツをむさぼるように見るシーンばかり。役作りのために新宿二丁目に行ってこようと思います」などと話している。

最近のケンドーコバヤシは映画「ヤッターマン」で悪役のトンズラー役を好演。 4月からは同じフジテレビ系で放送される「オールナイトフジ」の復活番組「キャンパスナイトフジ」(毎週金曜日・深夜1:05〜)のMCをつとめる。BSフジなどを含めてフジテレビだけでレギュラー番組は5本くらいに昇るという。

■根強いケンコバの同性愛疑惑

ケンドーコバヤシは、次長課長の河本準一、品川庄司の品川裕、インパルスの堤下敦らと並んで、 ゲイから圧倒的人気を誇るお笑い芸人のひとり。ゲイを公言しているお笑い芸人・前田健(37)もファンの一人だ。

グラビアアイドルの青島あきなとの熱愛報道(ゴシップ)があったり、 風俗好き・女好きキャラを全面に押し出している一方で、根強いゲイ疑惑(同性愛疑惑・バイセクシュアル疑惑)もある (ゲイに人気がある芸能人でゲイ疑惑のない人はいないが…)。

レイザーラモンHGの「ハードゲイ」キャラクターを生みだしたり、弟子的存在のたむらけんじのふんどしスタイルをプロデュースしたり、サバンナの高橋茂雄やバッファロー吾郎の木村明浩など、仲の良い特定の男芸人と好んで仕事をする傾向があることなど、怪しいと思われる点が他の芸人よりも圧倒的に多い。ファッションに気を使うところやプロレス好きというのも疑惑に拍車をかけているようだ。

大阪の番組で以前、同期の陣内智則など数人の芸人を全裸にさせて、股間を「生」で自分の顔に押しつけさせたり、それをまんざらでもない表情で受け入れていた表情を見せたこともある。名古屋のゲイナイトにゲスト出演したときにはステージ上で裸になるパフォーマンスをしたこともあった。

ドラマ「BOSS」のプロデューサーも、「台本はあてがきしました。普段通りのケンコバさんで演じてくだされば大丈夫です」とケンコバ本人にアドバイスするほど、ゲイ的キャラクターのイメージも定着しているようだ。

新宿2丁目におけるケンコバ人気は確かにすさまじい。完全なゲイである可能性はないと思うが、雨上がり決死隊の宮迫博之のようにバイセクシュアル的なキャラを匂わせつつ、いつまでもゲイにも人気のある芸人さんとして活躍していただきたいものだ。

□大ケンドーコバヤシの大日記(公式ブログ/公式ホームページ)
http://kenkoba.laff.jp/
□ケンドーコバヤシ・吉本興業公式プロフィール
http://www.fandango.co.jp/talent_prf/
□フジテレビ(BOSS)
http://www.fujitv.co.jp/BOSS/index.html
□ケンドーコバヤシ・TBSラジオJUNK ZERO「ケンドーコバヤシのテメオコ」
http://www.tbs.co.jp/radio/format/temeoko.html

■ケンドーコバヤシプロフィール 参考・引用:ウィキペディア

本名: 小林友治 生年月日: 1972年7月4日 出身地:大阪府大阪市東住吉区 出身校:大阪市立中野中学校、初芝富田林高等学校卒業 身長:172cm 体重:80kg 血液型:O型
過去に結成していたコンビ: 松口VS小林(1995年解散)※ハリガネロックのユウキロックと組んでいたコンビ(スミス夫人ではない)/モストデンジャラスコンビ(2000年解散)  事務所: よしもとクリエイティブ・エージェンシー デビュー: 1992年(吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生・同期に陣内智則、中川家、たむらけんじ、ハリガネロック、烏川耕一、たいぞう、ハリウッドザコシショウ、藤井隆、ココリコ、海原やすよ・ともこなど)
受賞歴:2000年 第2回・第3回ダイナマイト関西優勝/2001年 オールザッツ漫才優勝/2005年 第11回ダイナマイト関西優勝/2005年 BGO上方笑演芸大賞/2006年 BGO上方笑演芸大賞話術賞/2008年 第14回ダイナマイト関西優勝



|milk vol.-- 2009/03/-- |home2009

このページのトップへ戻る