【今月の新刊】 季刊『薔薇族』第四号(2008年冬号・通算395号)
二度の廃刊危機を乗り越えて、昨年春に自力復刊を果たした「薔薇族」 (編集長・伊藤文学)第四号。今回は「内藤ルネ、降臨。」と題して、 昨年10月に急逝された人気イラストレーターの内藤ルネさんを徹底特集。 追悼エッセイやルネさんと文学さんによる対談など貴重なコンテンツが 再録されている。表紙には、内藤ルネさんの作品が大きく刷り込まれている。以下、第四号コンテンツ一覧。

■ 薔薇族自力復刊第四号コンテンツ
■ 特集:昭和59年――内藤ルネ、降臨。

特集:昭和59年――内藤ルネ、降臨。/追悼エッセイ:「よいことが待っている」ルネさんの言葉を信じて。(伊藤文学)/ 検証:『薔薇族』に救われた内藤ルネ。内藤ルネに支えられた『薔薇族』(竜 超)/ 文学・ルネ対談:いま明かされる、秘密の内藤ルネ。麗しの青年との“黄金の六年間”/ ギャラリー:内藤ルネ、漆黒の分身“伯爵”とは?(竜 超)

検証:追想“幻の雑誌”――豪華絢爛たる二人雑誌『薔薇の小部屋』(提坂文化)/ コラム:ルネ・ボーイズの鬼っ子!?「マメダのマメちゃん」って、誰だ?(竜 超)/ 追悼エッセイ:「春」をくれたルネさん 〜ルネパンダ展での思い出〜(akaboshi)/ 検証:インタビューを通じて知る“ゲイ”としてのルネ先生!(提坂文化)/ 再録エッセイ:セクシーボーイズを描く楽しさ。時を経て輝きを増す少年たち。(内藤ルネ)

検証:BACK TO THE 薔薇族「昭和59年の巻」(竜 超)/コラム:薔薇ひらくとき見えるもの「買い替え戦略の光と影」(akaboshi)/ 伊藤文学のひとりごと:No.366「勇気ある発言を、レズビアンの女性が!」/ 検証:新たなるゲイの時代と文化を構築した腕利きの「組頭」としての藤田竜――。(竜 超)

実録ギャグコミック:伊藤文学の熟年刺青ヌード(秘)裏話(ソルボンヌK子)/ コラム:検証!バラコミ史(3)渡辺正義・三つのテーマで駆けぬけた十年間の軌跡(竜 超)/ 後記:「編集室から…」(伊藤文学/竜 超/akaboshi)

□公式ホームページ(購入方法はいずれのウェブサイトにも案内されています)
http://bungaku.cocolog-nifty.com/barazoku/ (伊藤文学・編集長公式ブログ)
http://d.hatena.ne.jp/chouryuu/ (竜超の超竜・副編集長ブログ)
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/ (akaboshi・編集チーフブログ)

※副編集長だった文志奇狩都(あやしきかると)さんは、 今年からペンネームを「竜 超(りゅう・すすむ)」へ変更されています


|milk vol.-- 2008/01/22 |home2008

このページのトップへ戻る