【話題】 Presence2008 キャンペーン/無料で使えるインターネット・カフェ
■ 7月29日からはじまった新しいキャンペーン「Presence2008」

街や電車の中でいっしょに手をつないで歩いている男女のカップルは、 ふつーの光景です。でも、わたしたち同性愛者は手をつないで歩くことが できません。なぜなら、わたしたちは自分が同性愛者であることを隠して 一般社会の中で生活しているから。「Presence2008」は、そんな思いから 生まれた「一般社会に対してセクシュアルマイノリティへの理解を深めて いくためのキャンペーン」のこと。第一弾企画として現在、下記のイベン トが開催中です。横浜近辺に立ち寄った際は、ぜひお立ち寄りください!

□公式ホームページ(Presence2008)
http://ship.y-cru.com/pg125.html

・Voice(声) <セミナー>
「あなたはどう教えますか? 同性愛・多様なセクシュアリティと教育」 をテーマに、教育に何が求められているのかを考えていくセミナー。 講師に、砂川秀樹さん((財)エイズ予防財団流動研究員、実践女子大学)、 クレア・マリィさん(津田塾大学学芸学部准教授)を迎えます。

■日時:2008年8月02日(土) 16:00〜18:00
■料金:無料
■場所/住所:かながわ県民センター 2階ホール
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 (045-312-1121)
http://www.kvsc.pref.kanagawa.jp/index.html

・Face (姿) <写真展>
「世界のLGBT〜わたしたちはここにいる〜」をテーマに、国内・海外 で行われているパレードの写真、LGBTの歴史やコミュニティセンターのパ ネル展示を開催。東京メトロポリタンゲイフォーラム(TMGF)が協力。

■開催期間:2008年7月29日(火)〜8月03日(日)
■料金:無料
■場所/住所:かながわ県民センター 1階展示ホール
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 (045-312-1121)
http://www.kvsc.pref.kanagawa.jp/index.html

・Letter (手紙)
一般社会の中で何気なく使われている「ホモ・おかま・レズ」 といった 言葉。これらの言葉に傷ついている人たちが、皆さんの身近なところに います。この手紙は、表に姿を現すことができない人たちからのメッセ ージです。写真展会場において無料で配布されています。

□公式ホームページ(Presence2008)
http://ship.y-cru.com/pg125.html

■知ってましたか? 無料で使える横浜のインターネット・カフェ

「かながわレインボーセンターSHIP」は、昨年9月に横浜駅西口にオープ ンした、セクシャルマイノリティ(同性愛者・性同一性障害)のためのコ ミュニティースペース。横浜Cruiseネットワークと神奈川県の恊働事業に より運営されているため、ほとんどのサービスが無料です。

インターネットもできて(ただしPCは1台)、ドリンクも無料。他の インターネット・カフェでは置いていないLGBT関連の書籍や雑誌が 読めたり、全国で行われているイベント情報やHIV・STD関連の資料 も入手できます。LGBTの団体・サークルであればミーティングや、 研修会のためのレンタルスペースの利用も無料です。

開館時間が短いのが難点ですが、「無料のインターネット・カフェ」や 「無料のレンタル会議室」と考えれば、その利用価値はかなり 大きいのではないかと思われます。

■開館時間:水・金・土 16:00〜21:00 日・祝 15:00〜18:00
■料金:無料
■場所・問い合わせ先:かながわレインボーセンターSHIP
横浜市神奈川区台町14-2 ピレア台町2F (045-306-6769)
ship+y-cru.com (+を@にして送信)

□公式ホームページ(かながわレインボーセンターSHIP)
http://ship.y-cru.com/pg125.html


◆ 【SHIP】 8月のイベント情報 http://ship.y-cru.com/pg26.html
◆ 8月9日(土) しゃべりちゃ Vol.5 & 8月30日(土) テーマトーク Vol.5



|milk vol.83 2008/08/02 |home2008

このページのトップへ戻る