【新連載】 LGBTベストセラー 〜一番面白いところを立ち読み〜
■売れたあの本や話題作の一番面白いところを
■立ち読みできる新連載「LGBTベストセラー」

新連載「LGBTベストセラー」は、過去に発売されたセクシュアルマイノリ ティ関連本の中から、高い売り上げを記録した作品や話題となった作品を 毎回一冊ピックアップし、MILK編集部、あるいは著者自身が選んだ「その 本の一番面白いところ(最初に読んでほしいところ)」を、立ち読みして もらうという内容です。メールマガジンの特性上、テキスト部分のみの紹 介となりますが、それでも内容は本物の本とまったく同じです。売れてい る理由を、ぜひご自分の目で確かめてください。


■本日のベストセラー
■第一回:『英語で新宿二丁目を紹介する本』(2008年5月発売)


世界最大級のゲイタウン・新宿二丁目をストーリー仕立ての和英対訳で紹介。 初恋の日本人の男の子が忘れられない、アメリカの大学院生・マークが来日。 マークを連れて、新宿二丁目を二丁目通と一緒に案内するというストーリー。 忘れがちな基本知識から、知っているようで知らないことまで、英語と新宿 二丁目をまとめて学べます。新宿二丁目やゲイ・カルチャーが解るコラムや 用語の脚注も充実。英語学習はもちろん、ガイドとしても、読み物としても 楽しめる一冊です。

■著者:森村明生(エスムラルダ) 訳:ポール・ネルム 監修:松沢呉一
■価格:1600円+税
■ISBN:978-4-7808-0116-3 ■判型:B6判
■ページ数:192ページ
■発売日:2008年5月23日

■発行・問い合わせ先:ポット出版
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-33-18-303
TEL:03-3478-1774 FAX:0120-009-936
books+pot.co.jp(+を@に変えて送信)
http://www.pot.co.jp/

□公式ホームページ(ポット出版)
http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0116-3.html

■著者:森村明生(エスムラルダ)プロフィール

もりむらあきお・1972年3月13日生まれ。一橋大学社会学部卒業。ライター 兼ドラァグクイーン(エスムラルダ)。94年よりドラァグクイーンとして の活動を開始し、各種イベントに出演。2002年8月に東京都の『ヘブンア ーティスト』ライセンス取得。雑誌『CDジャーナル』等にコラムを連載中。

12月31日、新宿2丁目「ArcH」にて行われる「女装紅白歌合戦」に映像で 出演(http://www.clubarch.net/)。来年1月16〜18日(猪苗代)、2月20 〜22日(黒姫)に行われる「Shifty Air Snowboard Team」スノーボード ツアーで、ショーを開催(http://www.shiftyair.com/teampc/)

□公式ホームページ (esmralda.net)
http://esmralda.net/
□公式ブログ (エスムラルダだよ!)
http://ameblo.jp/esm/



■この本の主なセールスポイント

・ 新宿二丁目を舞台に繰り広げられる今までになかった英語教材本です
・ 語学専門出版社・語研とのコラボレーション企画で生まれた本です
・ 独特の二丁目用語を英語で表現する方法が学べる本です
・ ストーリー仕立てで、読みものとしても楽しめる一冊です
・ 実在するお店や人物が登場し、リアルな二丁目を体感できます
・ 日本のゲイカルチャーや二丁目の作法、コミュニケーション方法を、 英語を学びながら身につけられる本です
・ LGBTの読者だけではなく、二丁目で遊びたい、楽しみたいと 思っているノンケ女性(男性)の読者にとても役立つ本です
・ 著者はホラー系ドラァグクイーンのエスムラルダ



■この本の目次をチェックする

新宿二丁目の歴史
Prologue 若い頃のブラッド・ピットに似てるかも
Scene1 いざ、新宿へ 【コラム】ゴールデン街にもあるレズビアンやゲイの店
Scene2 何もかもが、初体験 【コラム】二丁目にある3つのお寺
Scene3 ゲイバーいろいろ、ゲイもいろいろ 【コラム】芸能人と二丁目
Scene4 二丁目の、情報ステーション 【コラム】ゲイブームと二丁目
Scene5 もっと知りたい、いろんな二丁目 【コラム】インターネットと二丁目
Scene6 東京プライドパレードを、歩く 【コラム】二丁目のさまざまなお店
Scene7 年に一度の、祭りの夜
Epilogue そして、二人は……
索引

■この本のすべての目次(全ダイアログ)をチェックする
http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0116-3.html


▼ MILK編集部が一番面白いと思った【48ページ】を立ち読み!
シーン2 ダイアログ1/「会員制」はゲイバーの目印 !?
………………………………………………………………………………………………………
Scene2 Dialog1/The sign “Members only” indicates a gay bar !?
大輔: ここが「アイランド」だよ。
………………………………………………………………………………………………………
Daisuke: This is a bar called “ISLANDS”.
まさし: まだそんなに混んでなさそうね。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: It doesn't seem so crowded yet.
マーク: この白い札には、なんと書いてあるんですか?
………………………………………………………………………………………………………
Mark: What does that white sign say?
大輔: 「会員制」だよ。
………………………………………………………………………………………………………
Daisuke:It says “Members only.”
美穂: ええ!? 何かの会員じゃないと入れないんですか?
………………………………………………………………………………………………………
Miho: Really!? You have to be some sort of member to get in?
まさし: 違う違う。これは、ノンケのお客さんが間違って入ってくるのを 防ぐために貼ってあるの。二丁目に限らず、日本全国どの地域に行っても、 たいていのゲイバーにはこの札が貼ってあるわね。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: No, no. That sign's up there to stop straight people from coming in by mistake. That sign is usually posted by gay bars everywhere, not just here in Ni-chome, but also throughout Japan.
美穂: なるほど。ゲイだけにわかる、ゲイバーの目印ってことですね。
………………………………………………………………………………………………………
Miho: Oh, I see. It's a sort of visual marker that only gays will understand.
マーク: レインボーフラッグ ※1 みたいなものかな?
………………………………………………………………………………………………………
Mark: Something like the rainbow flag? ※1
大輔: うーん、それとはちょっと違う気がする・・・。
………………………………………………………………………………………………………
Daisuke: Well, that's a little different, I think.
まさし: ただ、これが貼ってある店が全部ゲイバーって わけじゃないの。銀座あたりに行けば、本物の「会員制」の 店もあると思うから、気をつけてね。 じゃ、中に入るわよ。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: Also, not every establishment posting that kind of sign is a gay bar, either. There are some bars in places like Ginza that are truly “members-only,” so you have to be careful. Anyway, shall we go in ?
※1 レインボーフラッグ
虹にはさまざまな色が共存していることから、レインボーフラッグは 「多様性・平等性」を示しているとされる。LGBTの象徴として、 あるいはLGBTフレンドリーな企業や団体の目印として使われることも多い。
………………………………………………………………………………………………………
※1 rainbow flag
Since a rainbow has many colors coexisting with each other in an equal status, it has been adopted in the rainbow flag to represent diversity and equality. The flag is often used as a symbol of LGBTs, as well as LGBT-friendly corporations and groups.

■この本を送料無料で購入する
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN978-4-7808-0116-3.html


▼ MILK編集部が一番面白いと思った【70ページ】を立ち読み!
シーン3 ダイアログ1/女の子だけで来てもいいのかしら?
………………………………………………………………………………………………………
Scene3 Dialog1/Can a woman go in there by herself ?
まさし: マーク、このショットバー※1「ARTY FARTY HQ」はどう? 外国人もいるし、なじみやすいと思ったんだけど。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: Mark, how ‘bout this shot bar "ARTY FARTY HQ"? ※1 There are several foreigners inside, and it seems to have a welcoming atmosphere that makes it easy to fit in.
マーク: いいですね! 昔、美穂と一緒に遊びに行ったニューヨークの ショットバーと、雰囲気が似ています。
………………………………………………………………………………………………………
Mark: Nice! This place has a mood similar to a shot bar in New York that Miho and I used to go to often.
美穂: うん、私もそう思った。ところでここには、女の子も結構いるのね。
………………………………………………………………………………………………………
Miho: I was thinking the same thing. By the way, there do seem to be a lot of women here.
大輔: みんな、ゲイの友達と一緒に遊びに来たんじゃないかな。
………………………………………………………………………………………………………
Daisuke: Not all of them came with gay friends, either.
美穂: 女の子だけで来てもいいのかしら?
………………………………………………………………………………………………………
Miho: Can a woman go in there by herself?
まさし: 大丈夫だと思うわよ。ハメを外しすぎて大騒ぎしたり、 ゲイの客に迷惑をかけたりしなければ。あと、このお店には 「THE ANNEX」という別館があって、そっちの方が女子率は高いみたい。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: I don't see any problem. As long as you don't let your hair down too much and cause a ruckus, or create problems for the gay customers. This bar has a separate annex called “THE ANNEX” that seems to have a higher ratio of female customers.
美穂: じゃあ、今度遊びに行ってみようかな。
………………………………………………………………………………………………………
Miho: Hmm, maybe I’ll try going there some time.
まさし: 土曜日の、少し遅めの時間なんていいかもね。 かなり混んでるけど、みんな踊ってて盛り上がるし。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: A good time might be on Saturdays, later at night. It's quite crowded then, but everyone is dancing and getting pumped up.
美穂: 楽しそう!
………………………………………………………………………………………………………
Miho: Sounds like fun!
※1 ショットバー
お酒を一杯ずつ出してくれるお店のこと。お通しやボトルキープはなく、 従業員が必要以上に接客することもないが、料金は一杯500円程度からと安め。
………………………………………………………………………………………………………
※1 shot bar A place where drinks are served and paid for one at a time. There aren't any “o-toshi” condiments served, and customers cannot reserve bottles. Also, the staff do not mix socially with the customers any more than necessary. But the drinks are quite cheap, at 500 yen a glass.

■この本を送料無料で購入する
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN978-4-7808-0116-3.html


▼ MILK編集部が一番面白いと思った【86ページ】を立ち読み!
シーン3 ダイアログ9/アタシはここ何年も捨てられっぱなしよ
………………………………………………………………………………………………………
Scene3 Dialog9/I've been constantly dumped the past few years.
美穂: 年齢や体型によって、そこまで好みのタイプが細分化されている なんて・・・。ゲイの世界って、奥が深い・・・。
………………………………………………………………………………………………………
Miho: The gay world sure runs deeper than I thought, what with people's preferences being broken down by age and body type and all that.
まさし: あら、それだけじゃないわよ。他にも、やせてて毛深い人が 好きな狼専、太ってて毛深い人が好きな熊専、一重まぶたの人が好きな 一重専、不細工な人が好きなブス専、スーツを着た人が好きなスーツ専、 ゲイバーのママが好きなママ専なんてのもあるんだから。 中には、誰専 ※1 って人もいるけどね。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: And that's not the end of the story, by any means. There's also the “okami” (wolf) fetish for slim but hairy types, and the “kuma”(bear) fetish for fat hairy guys, and the “single-edged eyelid” fetish for guys whose eyes look like that (found often in northern Asians), and the “ugly” fetish for homely guys, and the “suits” fetish for guys who wear suits, and the “mama” fetish for “mama-san” bar managers. There’s even a “dare-sen”※1 (“anybody OK”) fetish for guys who will sleep with anyone!
美穂: そこまでいくと、わけがわかりませんね……。 でもみんな、どこかのカテゴリーにはひっかかりそう。
………………………………………………………………………………………………………
Miho: It's hard to keep up, understanding all those categories. But it seems there is something for everybody.
大輔: 「二丁目に捨てるゴミなし」ということわざもあるくらいだからね。
………………………………………………………………………………………………………
Daisuke: There's even a saying, “there's no garbage to be dumped in Ni-chome.”
まさし: アタシは、ここ何年も捨てられっぱなしよ・・・。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: Well, I've been constantly dumped the past few years.
大輔: そんな、急に落ち込まないでくださいよ・・・。 そろそろ「akta」へ行きませんか?
………………………………………………………………………………………………………
Daisuke:Hey, don't get so depressed all of a sudden like that. Shouldn't we be going to Akta pretty soon?
まさし: その前に、ちょっと見せておきたいところがあるの。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi: Before we do that, though, there's somewhere I want to show you first.
※1 誰専
「どんな男とも恋愛やHができるゲイ」のことだが、「特にタイプが 決まっていない人」「好きになった人がタイプ、という人」も含む。 また「年齢や体型はどうでもいいが、顔にはこだわる」といった人もおり、 彼らは「選ぶ誰専」といわれている。
………………………………………………………………………………………………………
※1 “dare-sen” (anybody OK) fetish
Used for a gay who can fall in love or have sex with any type of guy. Also includes for those whose preference is not settled yet, or for those whose preference ends up being for the type of the person they originally fell for. The term “erabu-dare-sen” has recently come to be used for those who are not picky about age or body type, but who are particular about facial looks (“erabu” means “choose”).

■この本を送料無料で購入する
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN978-4-7808-0116-3.html


▼ MILK編集部が一番面白いと思った【168ページ】を立ち読み!
シーン7 ダイアログ6/日本のドラァグクイーンは面白いですね
………………………………………………………………………………………………………
Scene7 Dialog6/Japanese drag queens are really something else!
大輔:ちょうどエスムラルダのショータイムが始まった!
………………………………………………………………………………………………………
Daisuke:Esmeralda’s show is just beginning now!
マーク:この曲は何ですか?
………………………………………………………………………………………………………
Mark:What’s that song?
大輔:演歌だよ。日本独特の歌謡曲、といったらいいのかな。エスムラルダは、 演歌に合わせて、情念系のショーをやるドラァグクイーン ※1 なんだ。
………………………………………………………………………………………………………
Daisuke:It’s called an “enka,” a special kind of Japanese ballad, you could say. Esmeralda’s a drag queen ※1 who puts on a passionate show, performing in line with the words of the “enka.”
美穂:きゃ! 口から血を吐いた! 恐い!!
………………………………………………………………………………………………………
Miho:My God! She’s spitting up blood! How scary!
マーク:この3日間、いろいろなパフォーマンスを観てきましたが、 日本のドラァグクイーンは面白いですね。
………………………………………………………………………………………………………
Mark:I’ve seen a whole lot of different performances, for these three days, but Japanese drag queens are really something else!
まさし:本当? ニューヨークなんてまさにドラァグクイーンの本場でしょ?
………………………………………………………………………………………………………
Masashi:Really? But New York supposed to be the home of the true drag queen, isn't it?
マーク:そうなんですが、日本のドラァグクイーンにはオリジナリティが ある気がします。たとえば、映画のセリフを切り貼りしたショーをやって いる人もいましたよね。ニューヨークでは、リップシンクのショーしか 観たことがないので、言葉はわからなかったけど新鮮でした。
………………………………………………………………………………………………………
Mark:That may be true, but I think Japanese drag queens have a leg up when it comes to originality. This is the first time I've seen a show with lines taken from a movie. In New York, the only kind of show I've seen is where the drag queen just lip-synchs. Although I couldn't understand what they were saying, it was a great new experience.
まさし:日本のドラァグクイーンは、全体的にお笑い方向に寄り気味だからね。 もちろん中にはちゃんと、キレイさを追求しているクイーンもいるけど。
………………………………………………………………………………………………………
Masashi:That's because Japanese drag queens, overall, tend toward comedy. Of course there are also those who pursue beauty, too.
※1 ドラァグクイーン
派手なメイクや衣装に身を包み、クラブイベントなどを盛り上げたり、 ショーをしたりする人。基本的には「女性性を過度にパロディ化したもの」 であり、「普通の女性のようになることを目的とした女装」とは異なる。
………………………………………………………………………………………………………
※1 drag queen
Someone who puts on flamboyant makeup and women’s clothing to spice up club events and put on shows. Basically, drag queens put on an excessive parody of their female-ness, and are thus different from cross-dressers who just want to look like ordinary women.

■この本を送料無料で購入する
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN978-4-7808-0116-3.html




|milk vol.89 2008/12/20 |home2008

このページのトップへ戻る