【案内】 「ひっぴぃ★スペシャル2004 開かれた対話の場へ」開催のおしらせ

「出すぎた杭は打たれない」--これは、10年ほど前にわたしが参加していた「ゲイグループ」のスローガンでした。しかし今、社会の中で、そして様々な運動やグループ・身近な人間関係の中でも「出る前にふたをされる」かのような息苦しさを感じている人は決して少なくないと私は思います。

昨年の「スペシャル」は、わたしが1人でお話しする企画ばかりでした。今年の「ひっぴぃ★スペシャル2004」は、去年お客さんとしてご参加頂いた方ともそれぞれ協力しながら、ご自身主催の企画を持って頂いたり、一緒に対談(パネル討論)をしたりすることもできるようになりました。「ひっぴぃ★スペシャル2004」には、どなたでもご参加頂けます。主催者やパネラーに対して異論を出すことをおそれる必要はありません。不一致は「私たち」の実り豊かさなのですから。開かれた対話の場として、風通しのいい「スペシャル」を、一緒に創っていきたいです。(ひびの まこと)

■開催日時:2004年5月14日(金)〜23日(日)
■料金:200円〜1000円程度
■場所:東京都内各所 (詳細は公式サイト参照)
■問い合わせ先:ひっぴぃ★スペシャル実行委員会
hip2004@barairo.net 090-1156-3039(ひびの)

■企画一覧: 14(金) 「性的な暴力」と向きあう
15(土) 性をめぐる“正常”幻想を撃つ 恋愛は本当に必要か?(前田彩+本谷恭子+ひびの)
16(日) (お休み)
17(月) フェミニズム運動と反性暴力運動(高橋りりす+ひびの)
18(火) リンクする景色(ハヤブサ人生+ひびの)
19(水) 「男女という制度」と天皇制
20(木) (お休み)
21(金) ワタシもアナタも権力者(MIA+ひびの)
22(土) 「バイセクシュアル」から世界を見れば
23(日) いま戦時下の日本における、わたしの提案(イトー・ターリ+稲場雅紀+ひびの+”あなた”)

auto-info-hip2004@barairo.net に空のメールを送ると、すべての企画の総合案内(約15KB)が自動返送されます
・ 23日の企画「いま戦時下の日本における、わたしの提案」ではパネラーを公募中。あなたの意見を発言しませんか?
・ ひっぴぃ ♪♪ことひびの まことについては、http:// barairo.net/ をご覧下さい。

□MESSAGE & OFFICIAL SITE
「意見が異なる方のご参加も歓迎します。誠実に討論して、建設的な対話の場をつくりましょう。」
http://hip2004.barairo.net/


|milk vol.-- 2004/04/22 |home2004 |