【米】 オリバー・ストーン監督の新作「アレキサンダー」が公開延期

オリバー・ストーン監督の新作「アレキサンダー」(主演:コリン・ファレル、アンジェリーナ・ジョリー)の公開が当初予定されていた11月5日から11月21日へ延期となった。11月5日に封切られるピクサー最新作「Mr.インクレディブル」との直接対決を避けたためとされていたが、製作側は「性的描写への手直しではなく、オスカー対策である」と説明している。

一方、アレキサンダー大王はバイセクシュアルであったとされていて、同性愛的なシーンの多さが以前から問題視されていた。そのため、ギリシャの弁護士らが、同性愛的なシーンが必要以上に多く含まれていた場合、公開中止を求める訴えを起こす動きを見せていて、このシーンをカットするために延期されたのではないかという見方もされている。事実、試写を見た弁護士らは、訴えを起こす可能性は低くなったことを会見で明らかにしている。

「アレキサンダー」は古代マケドニアの英雄、アレキサンダー大王の歴史を描いた大作。日本公開は2005年新春。


|milk vol.-- 2004/11/22 |home2004 |