【国内】 “人間と性”教育研究協議会・産経新聞社へ抗議文

8月18日付けの朝刊紙上(産経抄)に関する公開質問状を産経新聞社( 本社・東京都千代田区)に対して発送した“人間と性”教育研究協議会 の「性的マイノリティ教育研究セクション」は今月3日、同社宛てに抗 議文を発送した。産経新聞紙上では、8月28日付、および、8月30日付の 産経新聞紙上にて、抗議の対象となった記事に対する弁明ともとれる 内容の文章が掲載されたが、同セクションでは、それらの記事の内容に 関しても、正式な謝罪という意味において納得がいかなかったとして、 抗議文を発送。9月20日現在、産経新聞社からの回答はないという。

抗議文の中で同会は、「半陰陽や同性愛はそれぞれ人の多様な性の在り 方の一つとして医学的に証明されているものであり、「正常」の対極と して「異常」とみなされ、差別されるようなことではない。とくに同性 愛については1973年、アメリカの精神医学会が精神障害のリストから同 性愛を削除、1993年には世界保健機関(WHO)が国際疾病分類から同 性愛を削除している。日本でも1995年に精神神経学会が、同性愛を精神 障害とみなさないという決定を下している。これらの点を考慮しても、 今回の記事の差別的な発言は許されることではない」と主張している。

□産経新聞の記事
http://www.sankei.co.jp/news/030828/morning/column.htm (8月28日)
http://www.sankei.co.jp/news/030830/morning/column.htm (8月30日)


□OFFICIAL SITE (性的マイノリティ教育研究セクション)
http://www.geocities.jp/education4clover/Section_M_about.html


|milk vol.75 2003/09/22 |home2003 |