【シンガポール】 進む規制緩和、同性愛をテーマにした映画の上映解禁へ

シンガポール政府の諮問委員会は今月4日、同性愛をテーマにした映画の一般上映を解禁する方針を明らかにした。 同国では近年、低迷する経済状況の打開や価値観の多様化を推進していくため、様々な分野で規制緩和や検閲基準の見直しが進められているが、今回の解禁もその一環として盛り込まれたもの。

同国では今年7月、ゴー・チョクトン首相が官庁の同性愛者雇用の解禁を発表するなど、 少しずつであるが、性的マイノリティの人権問題が意識され始めている。 勧告書の中で同委員会は、「創造性豊かな国際都市をつくるためには、 国民により幅広い選択肢を提示する必要がある」と述べている。

□RELATED SITE (シンガポール政府観光局)
http://www.newasia-singapore.or.jp/


|milk vol.75 2003/09/22 |home2003 |