【国内】 社民党・同性愛者への差別撤廃をマニフェストに記載

社民党は今月2日、次期衆院選に向けた公約集として、 3つの争点(安心できる暮らしの創造、信頼される政治の創造、 平和の創造)、ならびに、8つの約束(環境、教育、農林水産、 税財政・金融、分権・自治、交通、公共事業、人権)からなる マニフェストを発表し、その中で、「性的指向への偏見にもとづく 同性愛者(ゲイ・レズビアン)への差別撤廃に取り組む(※)」ことと、 「性同一性障害者の人権が守られるよう、 特例法の改正に取り組む」ことの2点を約束した。 日本の政党で、セクシュアル・マイノリティの 人権問題を政策綱領に盛り込んだのは、社民党が初めて。

※「性的指向による差別的取り扱いの禁止」は、 自由民主党、公明党、保守新党による連立与党が進めていた 人権擁護法案の中に盛り込まれていたものであり、 今回初めて社民党が提言した政策ということではありません

□OFFICIAL SITE (社民党・8つの約束)
http://www5.sdp.or.jp/central/topics/03sousenkyo/y8.html


|milk vol.76 2003/10/22 |home2003 |