(毎月22日配信・無料) 【エジプト】 人権団体・同性愛者は保護対象にあらず

同性愛者への迫害が国際的な問題となっているエジプトで今月、 国内最大となる人権団体が、同性愛者を保護対象とせず、反対運動にも 協力しない考えを明らかにした。この人権グループは、女性や少数派のコプト人、 囚人らを保護対象としている団体。人権団体の指導者であるヒッシャム・ カッセム氏は、「エジプト国民はゲイの権利を支持しないだろう。 我々が彼らを支持できるようになるのは、エジプト国内での人権問題がほとんどなくなったときになる」と語った。

フランスのシラク大統領は今月9日、ゲイ男性が有罪判決を受けている 現状に懸念を表明した。同じ頃、アメリカの立法者で、ゲイであることを 公にしているバーニー・フランク氏は、エジプト国内で行われている “同性愛者への治療”について厳しく非難した。


|milk vol.55 2002/02/22 |home2002 |