(毎月22日配信・無料) 【国内】 厚生労働省・肥満よりも危険、痩せ過ぎの人は長生きできない?

厚生労働省の大規模疫学調査(研究責任=津金昌一郎・国立がんセンター研究所支所臨床疫学研究部長) が、40歳から50歳代の健康な男女、合計4万3,140人を1990年から10年間にわたって調査したところ、 体重(kg)を身長(m)の2乗で割った数字、BMI(ボディー・マス・インデックス)が、男性は23〜26.9、 女性は19〜24.9の人が、もっとも長生きできることがわかった。

病気になる確率が最も低いとされている標準的なBMIは22で、25を超えると肥満と言われている。 厚生労働省などでも25未満を推奨していることから、 男性の健康的な体型、および、標準体型について、今後論議を呼びそうだ。

逆に、もっとも長生きできないのは、男性、女性ともにBMIが19未満の人で、 もっとも長生きできるBMIの人と比較した場合、男性が2.26倍、女性が1.94倍、死亡リスクが高いことがわかった。 BMIが30以上の肥満の人と比較しても、19未満の人は男性が1.15倍、女性が1.02倍、死亡率が高まっている。

□OFFICIAL SITE
http://www.mhlw.go.jp/


|milk vol.55 2002/02/22 |home2002 |