(毎月22日配信・無料) 【米】 同性パートナーに医療保険制度を導入する企業が増加

レズビアンやゲイなどのドメスティックパートナーにも、医療保険を給付する 企業の数が、ここ最近増加傾向にあることが今月19日、アメリカ国内 最大のセクシュル・マイノリティによる政治的人権保護組織HRC(Human Rights Campaign)が明らかにした。この日公表された統計値によると、 昨年8月に同制度を導入していた企業は4,285社だったものが、先月31 日時点では4,447社へ増加。テロ以降、低迷する経済状況の中、3.8% もの伸びを示している。

今年に入ってからは、米経済誌フォーチュン500にランキングされている 4企業(ダウ・ケミカル社、ノースイースト・ユーティリティーズシステム社、 リンカーン・ナショナル社、ゼネラル・ダイナミクス社)を含めた47社が、 制度の導入を発表した。これにより、フォーチュン500企業の中で、同制度を導入している企業の数は160の史上最高値に達した。なお、フォーチュン50内では、58%の企業が導入している。

□OFFICIAL SITE
http://www.hrc.org/


|milk vol.59 2002/04/22 |home2002 |