(毎月22日配信・無料) 【国内】 キングギドラの同性愛差別CD・広がる波紋

キングギドラは、1993年に人気ラッパーのZEEBRA (ジブラ=31)、K DUB SHINE(ケー・ダブ・シャイン=34)、DJ OASIS (ディージェイ・オアシス=30)の3人で結成されたユニットで、96年に 活動停止。2枚同時リリースのシングルで、6年ぶりの活動再開をするは ずだったが、今回の問題でメジャー界追放を望む声も出始めている。

このニュースをトップページにて報じたヤフーに設定されている掲示板には、 同ユニットを非難する書き込みが殺到している。 ラジオ局や大手レコード店も、同アーティストの曲のオンエアを中止。 過激な歌詞には慣れている熱狂的なファンからも、今回の騒動に ついて擁護する声はほとんど聞こえてこない。

CDリリース前にメンバーは、「ドライブバイ」の歌詞について、「最近 のラッパーもどき、ヒップポップもどきに本物がどういうものか教えた い」とコメントし、ホモ野郎が「」、偽者野郎が「KICK THE CAN CREW」、ホモ軍団が「ジャニーズ事務所」をさしていることを仄めか していた。 ソニー・ミュージックエンタテイメント(以下ソニー)の 「悪気はなかった」という釈明の根拠になっている部分と推測されるが、 非難する手段として、「ホモ」という言葉を選択しているということは、 アーティスト側に同性愛者への差別意識があったということに他ならない。 結果として、増悪犯罪を助長する商品を世に送り出したソニーらの社会的責任は極めて重い。 以下、「ドライブバイ」の歌詞より

ニセもん野郎にホモ野郎、一発で仕止める言葉のドライブバイ
こいつやってもいいか 奴の命奪ってもいいか
だってわかっててやってんだろ? そのオカマみたいな変なの
だいたいわかる居そうなトコ いつでも行ける行こうかソコ
一斉攻撃ついたらすぐに 特殊部隊ぐらいに無口
同じコト誰もしないように 軽く見せしめ死体放置

□RELATED SITE (4月23日現在、下記ページはリンクがはずされています)
http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=10&id=dfcl1063


|milk vol.59 2002/04/22 |homenext2002 |