(毎月22日配信・無料) 【今月の新刊】 クィア・サイエンス 同性愛をめぐる科学言説の変遷

エイズで死亡したゲイ男性の脳を調べ、「視床下部にある神経核が異性愛の男性の半分以下(つまり女性の神経核と同じ大きさ)か、ほとんど消えている」という同性愛に関する発見をした科学者、サイモン・ルベイによる「クィア・サイエンス」待望の訳書。ヒトの性的指向を決めるものは何か。遺伝子、ホルモン、ストレス、脳、行動学的心理学、精神分析―性的指向を扱う科学理論を網羅的に取りあげ、その限界と意義を検証する。監修は伏見憲明、翻訳は玉野真路、岡田太郎。

■監修:伏見憲明/価格:4,500円(税別)
■問い合わせ先:勁草書房
〒112-0005 東京都文京区水道2-1-1
TEL:03-3814-6861 FAX:03-3814-6854
http://www.keisoshobo.co.jp/

□ORDER SITE
http://www.milkjapan.com/esbooks.html


|milk vol.59 2002/04/22 |home2002 |