(毎月22日配信・無料) 【米】 ニューヨーク地裁・男性同性愛者が大手保険会社CNAを告訴

昨年9月11日にニューヨークで起きた世界貿易センタービル崩壊により パートナーを失った男性同性愛者が4月22日、「同性愛カップルの配偶者には、 結婚していた夫婦と同様の法的権利はない」として、ニューヨーク州の労働者補償法に基づく、 配偶者に対する週400ドルの終身給付保険金の支払いを拒否した大手保険会社CNAを相手取り、 保険金の支払いを求める訴えをニューヨーク州地裁に起こした。

訴えを起こしたのは、ユージーン・クラーク氏の同性パートナー、ラリー・コートニー氏(57)。 二人は13年間一緒に住んでいた。クラーク氏はテロ当時、世界貿易センタービル102階に 位置していたCNA社に勤務していて死亡した。法的権利はないと主張する同社に対してコートニー氏は、 「もしも同性愛者にも結婚をする権利が認められていたら、われわれはきっとそうしていただろう。」と語った。 ニューヨーク市にはドメスティック・パートナー制度があるが、二人は8年前に登録を済ませている。

□RELATED SITE
http://www.cna.com/


|milk vol.60 2002/05/22 |home2002 |