(毎月22日配信・無料) 【国内】 「女装は職場の秩序を乱す」 昭文社側の言い分

女性の姿で通勤を始めた男性社員に対して、昭文社がまず行ったのは、 女装をやめさせることだった。女装で出勤する彼に仕事をさせるわけには いかないとし、業務命令書を出し続けた。女装は服務規定違反で、 懲戒委員会にかけると通告し、男性の写真やビデオも撮影した。 それにもかかわらず男性社員が聞き入れなかったため、4月17日付けで 解雇通知書を郵送にて送ったという。

会社の代理人である河合弘之弁護士は、「性同一性障害を抱えた人の 苦しみは理解できるが、男性として採用した社員が、突然女性になることを 会社側が受認するのは難しい。女装は職場の秩序を乱す行為であり、 『女性として扱わねば配転を拒否する』というのは服務規程違反に当たる」と主張。 人権への理解は持っているけれども、人権を尊重した対応はとれない、という 矛盾した昭文社の企業論理は、申し立ての結果がどうであれ、大きな非難を免れないだろう。

□RELATED SITE
http://www.mapple.co.jp/


|milk vol.61 2002/06/22 |homenext2002 |