(毎月22日配信・無料) 【米】 国連児童基金・新たなHIV感染者の半分以上が若者

国連児童基金(ユニセフ)は今月2日、エイズウィルス(HIV)に関する 報告書を発表し、「新たなエイズ感染者の半分以上が 15歳から24歳までの若者である」と述べた。報告書によると、 世界で1,180万人の若者が感染しており、うち女性が730万人(61.9%) と男性を大きく上回っている。日本の若者の感染者数は、 男性が1,200〜1,700人、女性が2,000〜3,000人と推定されている。

国連エイズ合同計画(UNAIDS)は同日、スペイン・バルセロナで 7日から始まる国際エイズ会議の基幹文書となる総括報告を発表、 世界のHIV感染者が2001年末時点で、4,000万人を突破したと推計した。 最も深刻なのはアフリカ南部のボツワナで、成人の38.8%が感染しているという。 UNAIDSでは、富裕国がエイズ予防のための努力を強化しないかぎり、 今後20年間でのエイズによる死亡者がおよそ7,000万人に上ると指摘している。

□OFFICIAL SITE
http://www.unicef.org/


|milk vol.63 2002/07/22 |home2002 |