(毎月22日配信・無料) 【今月の映画】 スタンリー・クワン監督作品/『藍宇 〜ラン・ユー〜』

1988年、北京。青年実業家ハントンと、田舎から出てきたばかりで建築家志望の学生 ランユーはある夜バーで出会う。裕福なハントンは、金のために売春すら考えていた 貧しいランユーを家に招き入れる。一晩限りの関係のはずだったが、ランユーはハン トンに愛を求める。身分も境遇も違う二人の愛、すれ違い、ハントンの結婚による別 れ、そして再会といった10年にも及ぶ彼らの関係を、天安門事件など激動の歴史を交 えつつ、美しく繊細に描いていく…。 インターネット上で発表されて話題になった小説を映画化。 主演は『山の郵便配達』の劉[火華](リウ・イェ)、『インペリアル・パレス/東宮 西宮』の胡軍(フー・ジュン)。 第38回台湾金馬奬5部門受賞(監督賞・主演男優賞・脚本賞・編集賞・観客賞)、 第7回香港金紫荊奨主演男優賞受賞、第21回金像賞香港金像奨11部門ノミネート。 今月31日より開催の第11回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭にて上映。

中国語圏映画におけるセクシュアリティに言及した『男生女相』以来、 『ホールド・ユー・タイト』ではゲイとしての側面をより前面に押し出してくるなど、 新境地を開拓した關錦鵬(スタンリー・クワン)。日本との合作『異邦人たち』で 失敗した複雑な構成から一転し、今回はよりシンプルな形で男同士の愛について 赤裸々に描いている。初期の作品である『ルージュ』や『ロアン・リンユィ 阮玲玉』 では女性を主人公に置くことが多かったが、今回はゲイの 関係に焦点を当て、彼らの痛切な恋愛関係を丹念に辿っている。 しかし、感情の流れを繊細に描いていくことに変わりはない。 天安門事件など現代中国の歴史を背景にしつつも、安易な大河メロドラマに堕ちることなく、 主人公二人の痛々しい愛の軌跡を濃密に描きだしている。

■監督:關錦鵬(スタンリー・クワン)/脚本:魏紹恩(ジミー・ガイ)
■出演:胡軍(フー・ジュン)、劉[火華](リウ・イェ)
■2001年/香港/86分/原題:LAN YU
MILCINEMA評価:★★★

□OFFICIAL SITE
http://lanyu.gstage.com/




|milk vol.63 2002/07/22 |home2002 |