(毎月22日配信・無料) 【国内】 大阪・安藤大将選手が初の講演

今年3月に性同一性障害であることを告白し、女子レーサーから 男子レーサーとして再出発した安藤大将選手(39)が8月2日、 大阪府箕面市で市民らを集めて初講演を行った。 「父親に1日でいいから女装して外を歩いてほしいといったら、絶対に出来ないと断られた。 その絶対出来ないことを、僕は38年間やってきたんだと言ったら、 父親は下を向いてしまった」と、両親へカミングアウトしたときの逸話などを披露した。 先月には、日本テレビ系列のドキュメンタリー番組にて安藤選手の 特番が放映された。以下、番組の最後に紹介された安藤選手のコメントより

「敵もいれば味方もいる、そういう状態をすべて受け入れている師匠 (長嶺選手)の姿を見て、僕もそんな風にはっきり生きてみたいと思った。 心をストレートに出すということがこんなに気持ちいいことだとは 知りませんでした。正直に生きることの大切さ、これだけ幸せを 感じれる大切さ(を知った今は)、本当に気持ちいいですね。」

□RELATED SITE
http://www.kyotei.or.jp/


|milk vol.64 2002/08/22 |home2002 |