(毎月22日配信・無料) 【オランダ】 新内閣発足、CDA党首が首相に就任

今年5月に行われた総選挙で8年ぶりに第一党に返り咲いた 中道右派のキリスト教民主勢力(CDA)、第二党に躍進したフォルタイン党(LPF)、 労働党(PVDA)を上回る議席数を獲得した自由民主党(VVD)の3党による連立政権が、 7月22日に発足した。主要閣僚は、CDAに6ポスト、LPFとVVDにはそれぞれ4ポストが割り振られた。 欧州には近年、右派台頭の動きが見られるが、オランダも同様の道を辿りそうである。

わずか46歳という若さで新首相に就任したのは、CDA党首のヤン・ピーター・バルケネンデ氏。 アムステルダム自由大学で法学を修め、キリスト教思想の名誉教授となるなど、 伝統的な価値を重視する保守主義者として知られる。 オランダ国内で合法化されている麻薬にも批判的だ。

同性愛を公言し、選挙直前で暗殺されたLPFの創設者ピム・フォルタイン氏。 LPFでは、イスラム系移民が同性愛者や女性を公然と差別することを理由に、 規制の必要性を訴えていた。連立政権は移民規制の強化という点では一致しているが、 その理由についてまでは一致してるとは限らない。

□RELATED SITE
http://www.pim-fortuyn.nl/


|milk vol.64 2002/08/22 |home2002 |