(毎月22日配信・無料) 【国内】 自民党小委・ジェンダーフリー教育が少子化に悪影響?

自民党の少子化問題小委員会(根本匠委員長)は今月1日までに まとめた提言の中に、「性差を否定するような行き過ぎたジェンダー フリーなどの考え方が少子化対策に悪影響を排す」との表現を盛り込んだ。 少子化問題は政策的な取り組みのほかに、教育的取り組みも必要ではないかという 意見があったが、自民党が、ジェンダーフリーなどの具体的な教育的取り組みについて 批判する見解を、公式な文書で示したのは今回が初めてとなる。 委員会ではこのほか、家庭における子育てや母性・父性を重視し、 子供たちの健全な育成を推進していく姿勢を打ち出している。

また、内閣府が今月7日に発表した男女共同参画社会に関する世論調査の結果によると、 「夫は外、妻は家庭」という考え方にどう思うかという質問に対して、 「賛成」と答えた人は前回から10.8%減少の47.0%で、調査開始以来初めて過半数を下回った。 とくに男性の賛成派は前回比13.6%減の51.3%と、大幅に減少した。 「反対」と答えた人は前回から9.2%増加し、47.0%だった。

女性の仕事については、「子どもができても続ける」と答えたのは 37.6%、「大きくなったら再び仕事を持つ」と答えたのは36.6%で いずれも増加傾向。「子どもができるまで」「結婚するまで」と答えたのは 合わせて16.1%で、こちらは調査を重ねるごとに減少する傾向にある。

□RELATED SITE
http://www.gender.go.jp/ (内閣府男女共同参画局)


|milk vol.65 2002/09/22 |home2002 |