(毎月22日配信・無料) 【米】 ギャラップ社・アメリカ人の5人に1人が同性愛者

The Gallup Organization(ギャラップ社・ニュージャージー州)は10月8日、 今年夏に行った世論調査の結果で、アメリカ人は人口の平均21.5%が ゲイ、または、レズビアンであると思っていることが明らかになったと発表した。 ギャラップ社は、日本を含む世界30カ国以上にオフィスを持つ世界最大級の 調査・コンサルティング機関。昨年には読売新聞社と共同で日米 関係に関する世論調査を行ったこともある。

同社では、ゲイとレズビアンに関する同様の世論調査を25年以上にわたり行っているが、 その数字は増加する一方。同性愛者の人口の割合は一般的に5〜10%と推測されることが多いが、 今回発表された数字は、それを大きく上回っている。 昨年11月には、別の団体が全米15都市を対象に類似の世論調査を行っているが、 そのときも18%という結果が出た。

The Gay & Lesbian Alliance Against Defamation(GLAAD)のニュース・メディア・ ディレクターのキャシー・レナさんは今回の結果について、次のように語っている。 「ゲイとして正直に生きようとする人の数が増えていけば、当然この ような結果にも反映されてくる。カミングアウトする人の数が、今後 さらに増えていくことによって、人々はより正確な同性愛者の数を知 るようになるだろう。しかし重要なのは、決して数の大きさではない。 同性愛者にも、異性愛者と変わらない平等な待遇や市民権が与えられ る価値があるということだ」

□RELATED SITE
http://www.gallup.com/


|milk vol.66 2002/10/22 |home2002 |