(毎月22日配信・無料) 【米】 カリフォルニア州・授業の出席を拒否されたレズビアン少女

レズビアンであることを理由に、ジムの授業から排除された15歳の少女と その家族が12月17日、合衆国憲法上の権利を侵害されたとして、 学校側を相手取って損害賠償を求める訴訟を起こした。 賠償請求額は公開されていない。 訴えられたのは、ロサンゼルスの150km東にあるバニングという町の中学校(Susan B. Coombs Middle School)。 訴えによると、少女はロッカールームで同級生からレズビアンであることを指摘され、 翌日から学校側に着替えをするためのロッカールームを使用禁止にされ、授業も受けられなくなったという。

訴えを起こした少女はアシュリィ・マッセイさん。マッセイさんは、 「訴訟を起こすことはさらなる嫌がらせを覚悟しなければならないことだけれども、 このような問題はどこにでもあることで、同じ境遇の人たちのためにも 良い機会になればいいと思っている」と話している。 学校側はこの問題についてのコメントは今のところ発表していない。

□OFFICIAL SITE
http://www.banning.k12.ca.us/CoombsWebPage/coombs.htm (Coombs)


|milk vol.68 2002/12/22 |home2002 |