【国内】 京都府立医大・肥満体質は複数の遺伝子で決定される
カロリー制限をしてもやせにくい体質は、肥満に関連した複数の遺伝子で決定されていることが、京都府立医科大学の吉田俊秀講師らの研究で明らかになり、1月15日に、東京都内で開かれた日本成人病学会にて発表された。吉田講師らは「肥満の治療には、本人の遺伝的要因を考慮したきめ細かい指導が必要」と話している。


|milk vol.25 2000/01/22 |home2000

このページのトップへ戻る