【イギリス】国防省・同性愛者の強制的除隊の規律を廃止
イギリスのフーン国防相は1月12日、同性愛者を強制除隊させる軍の規律を廃止することを発表した。これは昨年9月に、欧州人権裁判所がイギリス国軍の「同性愛は軍になじまない」とした4人の同性愛者の解雇を、人権侵害と判断したことを受けての措置。これにより、過去、イギリスで強制的除隊を受けた600 人以上の同性愛者が、再び入隊を許可される可能性も出てきた。アメリカでも、同性愛者に対する規制を撤廃する動きが出ているが、今回の決定が、その動きを早めることは確実と見られている。


|milk vol.25 2000/01/22 |home2000

このページのトップへ戻る