【マレーシア】マハティール首相・前副首相の同性愛裁判への出廷、必要性薄い
アンワル前副首相兼蔵相の同性愛裁判に関して、アンワル氏側の弁護団がマハティール首相の法廷証言を要請していることに関して、同首相は、「求められれば出廷して証言するつもりだが、(同性愛の禁止は)法律で定められていることであり、わたしがどうこうできるものではなく、公判への出廷が必要であるとは考えていない」と述べた。


|milk vol.26 2000/02/22 |home2000

このページのトップへ戻る