【米】エイズ治療薬の開発が予防への意識低下を招く?
アメリカ国内の研究者によると、エイズの進行を遅らせる薬の開発によって、エイズ 感染の危険度が高まっていることを指摘した。理由は、同性愛者や麻薬常用者 らがエイズに対する恐怖心が低下するにつれて、適切な予防措置を怠る可能性 があるためだという。

ある研究によると、エイズ治療薬の開発に伴い、31%の人が「以前に比べて、 感染を心配しなくなった」と答え、17%の人が「以前に比べて、予防をしていな い」と答えたという調査結果も出ている。


|milk vol.26 2000/02/22 |home2000

このページのトップへ戻る