【米】ロサンゼルス・ジョージ・マイケルを逮捕した警官の告訴退けられる
1998年4月、ポップ歌手のジョージ・マイケルを公然わいせつ容疑で逮捕した ロサンゼルスの警官マルセロ・ロドリゲス氏が、ジョージ・マイケルに1,000万ドル (約11億円)の損害賠償を求めていた裁判で、裁判所は原告の訴えを退けた。 ロドリゲス氏は、事件後、同歌手がリリースしたポップビデオ「Outside」で、 二人の男性警官のキスシーンが出てくるなど、事件をパロディ化され、情緒 障害に陥ったと主張していた。

□ロサンゼルス・ジョージ・マイケルが公然わいせつ容疑で現行犯逮捕
http://www.milkjapan.com/1998in04.html (1998/04/22)


|milk vol.26 2000/02/22 |home2000

このページのトップへ戻る