【コロンビア】サッカー界騒然、ペレの初体験は男性だった
サッカーの神様として知られるペレが、ブラジルのサントスでプレーしていた14才のときに、同性愛者の男性から性的虐待を受けていた過去を告白した。これは、1月30日に発売されたコロンビアのスポーツ雑誌「ヌエボ・エスタディオ」のインタビューの中で語ったことで、それによれば「初体験は14才の時。相手はゲイで、自分以外のチームメートも多数被害に遇った。その後、被害者のみんなで裁判に訴えたけどね。男性との性交渉はそれが最初で最後だよ」と語っている。


|milk vol.26 2000/02/22 |home2000

このページのトップへ戻る