【米】ゴールデングローブ賞・最優秀主演女優賞にヒラリー・スワンク
ハリウッド外国記者協会が選出するゴールデン・グローブ賞授賞式が、1月23日 アメリカ・ロサンゼルスで行われ『ボーイズ・ドント・クライ』で性不一致症候群に悩む 女性を演じたヒラリー・スワンクがドラマ部門主演女優賞を獲得した。 同作は、自分を男としか思えない女性がやさしい女の子に恋をするという物語。 実話がもとになっている。 監督・脚本はキンバリー・ピアース。2000年夏公開。 作品賞には、家庭崩壊寸前の中年男性の孤独と悲劇、ホモフォビアなどを描いたケビン・スペイシー主演 『アメリカン・ビューティー』が、監督賞、脚本賞とともに選ばれた。

同部門主演男優賞には『ハリケーン』のデンゼル・ワシントン、 ミュージカル・コメディー部門では、主演男優賞に『マン・オン・ザ・ムーン』のジム・キャリー (昨年は『トゥルーマン・ショー』でドラマ部門主演男優賞を獲得)、主演女優賞 に『タンブルウィーズ』のジャネット・マクティアが選ばれた。 助演男優賞には出演者全員が助演扱いで話題になっている『マグノリア』の トム・クルーズ、助演女優賞には『ガール インターラプテッド』 のアンジェリーナ・ジョリーが受賞した。 ミュージカル・コメディー部門の最優秀作品賞は『トイ・ストーリー2』が受賞した。

□関連サイト(ボーイズ・ドント・クライ)
http://www.foxsearchlight.com/boysdontcry/home.html


|milk vol.26 2000/02/22 |home2000

このページのトップへ戻る