【国内】徳島地裁・女性として高校受験をやり直したい男性の受験資格認める
高校はすでに卒業しているが、本当の性でもう一度高校時代をやり直したいと願う徳島市在住の男性(30)が、学校側に受験を拒否され、訴訟を起こしていた裁判で、徳島地裁(松本久裁判長)は今月7日、「男性は中学校を卒業しており、出願資格を持っているのは明らか」とし、出願資格以外の理由で学校側が受験資格を認めない余地はないとする判決を下した。

この男性は両性具有者で、身体的な発育状態やMRI検査では女性型であるとの診断を受けており、2年くらい前から女性として高校時代からやり直したい、という希望を持つようになったという。

地裁の決定を受け、県教委はこの男性に受験資格を認めたが、受験会場については「女性扱い」を希望する男性側と、「男性扱い」とする高校側との主張が折り合わず、結局別室での受験となった。


|milk vol.27 2000/03/22 |home2000

このページのトップへ戻る