【メキシコ】カトリック教会が映画『ボーイズ・ドント・クライ』を批判
メキシコのカトリック教会は、教会が発行する週刊誌にて、今年のアカデミー賞受賞作『ボーイズ・ドント・クライ』を、同性愛を助長する映画だとして批判した。また、5部門を獲得した『アメリカン・ビューティー』や、『サイダー・ハウス・ルール』を、中絶や乱交を助長するとして批判。『スターウォーズ・エピソード1』についても、聖書をパロディ化しているとの理由で非難している。


|milk vol.28 2000/04/22 |home2000

このページのトップへ戻る