【米】フィギュアスケート元全米男子王者のガリンドがHIV感染を告白
フィギュアスケートの全米選手権で、1996年に男子シングルを制したルディ・ガリンドが、HIVウイルスに感染していることを明らかにした。これは米紙の取材の中で話したことで、肺炎の治療を受けた際に、担当医から感染を知らされたという。ガリンドは今後も変わらずに選手活動を続けていきたいと話している。


|milk vol.28 2000/04/22 |home2000

このページのトップへ戻る