【マレーシア】同性愛行為は笞打ちの刑
マレーシア各州の宗教指導者たちは、結婚前の性交渉やゲイセックスなどイスラム教の戒律に背く行為に対して、これまで罰金刑に処せられていたものを、笞打ちの刑に処すことを発表した。刑罰の強化は南部のジョハール州から始まり、現在ではサランゴール州、ケダ州、首都のクアラルンプールでも同様の動きが出ている。

マレーシアでは家族、離婚、性に関する事柄に関しては、通常の裁判のほかにイスラム教の戒律に従っても裁かれる。通常の裁判では、すでに同性愛行為や売春行為については笞打ちと投獄の処罰を科している。


|milk vol.28 2000/04/22 |home2000

このページのトップへ戻る