【米】バーモント州・「シビル・ユニオン法案」成立
アメリカ東部バーモント州にて、同性愛のカップルにも一般の夫婦と同等の利益と保護を認める「シビル・ユニオン(合同生活)法案」が、上院本会議の採択を経て成立した。これにより米国で初めて、ゲイのカップルが婚姻関係と同様の権利を手にしたことになる。

法案では、税制、相続、養育権、育児休暇、税の控除など、婚姻関係にまつわる300以上の社会的利益・権利を、ゲイのカップルにも認めるという内容になっている。ただし、同性の「合同生活」は「結婚」あるいは「婚姻」と定義しないことが盛り込まれている。関係解消は家庭裁判所で取り扱われる。

適用を受けたいゲイカップルは、自治体の窓口で「証明書」の発行を申請すれば、同法の受益者となる。発効は7月1日から。 なお、この法案の制定は、3年前に3組の同性愛カップルが「同性間の婚姻を認めないのは性差別」として起こした訴訟が発端となった。

□【米】バーモント州・同性カップルにドメスティック・パートナーシップ制度導入へ
http://www.milkjapan.com/2000kn06.html(2000/2)


|milk vol.28 2000/04/22 |home2000

このページのトップへ戻る