【英】ロンドン市長選有力候補・同性愛嫌悪の企業、罰します
来月に控えたロンドン市長選の有力候補者、ケン・リビングストン下院議員が、英紙タイムズとのインタビューのなかで、市長選で当選した場合は、同性愛者を嫌悪する企業を罰し、同性愛者の結婚を認めて、男女のカップルと同等の権利を与える考えを明らかにした。


|milk vol.28 2000/04/22 |home2000

このページのトップへ戻る