【オーストリア】自由党の元党首ハイダー氏がスロバキアで少年狩り?
オーストリアの極右政党「自由党」の元党首で、連立政権への参加やナチを支持する発言などで非難されていたハイダー氏が、少年愛的傾向がある同性愛者で、現在スロバキアに少年をあさりに行っていることが、オーストリアやドイツ、イギリスなどヨーロッパ各国にて報道されている。スロバキアでは15才以上なら同性愛行為は法的に認められているため、法的に問題はない。しかし、民族差別とゲイであることが一緒にされてバッシングされる危険があると、オーストリアのゲイは懸念を表明している。

このゲイ疑惑に対して自由党スポークスマンは、くだらない噂と否定しているとのこと。


|milk vol.28 2000/04/22 |home2000

このページのトップへ戻る