【イギリス】レズビアンの市長、パートナーの社会的認知を求める
イギリス・アバリストゥイス市の市長に当選したジャッキー・テイラー氏(55)は、彼女の同性のパートナーを「市長夫人」として認めるよう求めたことで、ウェールズの小さな町は大騒ぎになっている。

新任のテイラー市長は、20年間交際している彼女のパートナー、フェリシティ・ロバーツさん(55)を、夫婦同伴の公式行事に出席させたい意向だ。

これに対して、反対派は次のように語っている。 「これは、我が町にとって前代未聞の破廉恥な行為。こんなことで市長の権威を汚すわけにはいかない」。

しかし、テイラー市長の信念は固く、BBCのインタビューに対してこう話している。 「私たちは20年も付き合っているし、そのことをずっと公けにしてきました。周囲ではみんな私たちを夫婦として見てくれています。わたしは、今回のことを十分に考えた末、決断しました。わたしたちは、何よりもまず、社会における平等を考えなければならないということを。誰もがよりよい生活を送れるようになることが重要であって、人種、性的指向、個人的信条などは問題ではないのです」。


|milk vol.29 2000/05/22 |home2000

このページのトップへ戻る