【フランス】藤野千夜氏ら日本人5作家の競作「東京小説」を出版
パリのオートルマン社が、芥川賞を受賞した藤野千夜氏や、椎名誠氏ら日本の人気作家5人に執筆を依頼した小説集「東京小説」(仏題=トウキョウ・エレクトリック)が先月下旬、日本とフランスで同時出版された。

この企画は、オートルマン社が発行している、世界各国の都市をテーマに、その地に住む作家によって書き下ろされる「街の小説」シリーズのひとつ。キューバのハバナ、イスラエルのエルサレムにつづいて、3ヶ所目として東京が取り上げられた。フランスの出版社が、日本人作家に依頼して、版権を所有する例は今回が初めて。

参加執筆陣には、藤野、椎名両氏の他、林真理子、村松友祠、盛田隆二の各氏がつらね、それぞれ、下高井戸、銀座、青山、深川、新宿を舞台にした小説を書き下ろした。


|milk vol.29 2000/05/22 |home2000

このページのトップへ戻る