【国内】東京高裁・三島裁判、一審判決を支持し控訴棄却
作家、三島由紀夫の未発表の手紙を小説で引用したのは著作権侵害とし、 三島さんの遺族らが、「三島由紀夫―剣と寒紅」の著者の福島次郎さんと出版元の文芸春秋(東京都千代田区)を相手に、出版差し止めと損害賠償を求めていた訴訟で、控訴審判決が先月23日東京高裁であった。山下和明裁判長は「手紙は、感情を創作的に表現した文章だった」と述べ、昨年10月の東京地裁による一審判決を支持し、福島さん側の控訴を棄却した。

□三島由紀夫の手紙を引用した小説出版差し止め
http://www.milkjapan.com/1999cn09.html


|milk vol.30 2000/06/22 |home2000

このページのトップへ戻る