【米】ブレーブス・同性愛差別発言のジョン・ロッカー投手を3A降格処分
昨年12月に同性愛者や少数民族、外国人などへの差別発言を報じた記者へ暴言を吐いたブレーブスのジョン・ロッカー投手(25)に今月5日、罰金処分と3Aリッチモンドへの降格が言い渡された。球団側は降格理由 について、あくまでも成績不振と説明している。

同投手は今月4日、スポーツ・イラストレーテッド誌の記者に対して、「これは2人だけの問題では終わらない」、「俺がお前に対して何が出来るかわかっているのか」「お前とはまだケリがついていない」など脅迫めいた発言を繰り返した。

今回の処分を受けた翌日、同投手はアトランタのラジオ局WKLSに出演し、「降格を受け入れるかどうかはまだわからない。引退して、株の仲買人をしてもいい」などと引退をほのめかす発言をした。


|milk vol.30 2000/06/22 |home2000

このページのトップへ戻る