【米】ドジャーズがレズビアンカップルに謝罪、同性愛団体にチケット5000枚寄贈
米大リーグのロサンゼルス・ドジャーズは、観戦中にキスをしたレズビアン・カップルを球場から追い出したことについて先月23日、二人に正式に謝罪した。また球団は、見逃した試合の代償として、ホームプレート裏の特等席に招待した。

これは、ドジャーズ・スタジアムで先月行われた対カブス戦での出来事。ダニエル・ゴールディーさんとメレディス・コットさんは、試合観戦中、警備員にいきなり追い出された。二人は最初、追い出された理由を知らなかったが、その後、二人がキスをしていたのところを見た他の観客から、「あんな奴らがいては子どもによくない影響を与える」という苦情が来たためだと聞かされた。しかし、この日、いっしょに来ていた男女のカップルも観戦中にキスをしていたが、彼らは排除されなかった。警備員のとった行動は、明らかに差別であるとして、謝罪を要請していた。

ドジャーズの社長ボブ・グラジアーノ氏は、「ドジャーズファンに対して大変失礼なことをした。今後従業員教育 を徹底していく」と語った。さらに、ドジャーズ側はゲイ・レズビアン団体に試合のチケット5000枚を送る大盤振る舞いも見せた。

二人の弁護士バーニー・バーンハイム氏は、「謝罪に応じない場合、訴訟を考えていた。ドジャーズは同性愛を容認しない立場をとっているのではないかと疑っていたが、結果的にわたしが扱ったどの会社よりも同性愛に誠意のある姿勢を見せてくれた」と語った。


|milk vol.34 2000/09/22 |home2000

このページのトップへ戻る