【オーストラリア】 シドニー・五輪閉会式にドラァグ・クイーン総勢40人出演
今年10月1日に行われるシドニー五輪の閉会式にて、ドラァグ・クイーンが出演する場面が用意されていることがわかった。ゲイ・クラブなどで活躍しているドラァグ・クイーンら約200人に、すでに大会組織委員会(SOCOG)側から正式な打診を受けており、映画『プリシラ』のような華々しい衣装による演出が計画されているという。

シドニーは米国のサンフランシスコに次いで、同性愛者の割合が高い都市。 1978年から開催されている同性愛者の祭典「ゲイ&レズビアンマルディグラ」は世界最大規模で、今年も60万人を越す参加者と見物客を集めた。市民の間でも、欠くことのできない観光の目玉としてすっかり定着している。

今回の出演には、ゲイへの理解が進んでいるお国柄を反映して、概ね受け入れられているという。ある男性タレントからは、ぜひドラァグ・クイーンとして参加させてほしいといった要請があったほど。屈託のない、おおらかな国民性を、国際舞台でどのように見せてくれるか注目したい。

□公式ホームページ(Sydney 2000 Olympic Games)
http://www.olympics.com/eng/


|milk vol.34 2000/09/22 |home2000

このページのトップへ戻る