【米】Quark(クオーク)・ティム・ギル会長が持ち株を売却、離脱へ
レイアウト・ソフト業界最大手であるQuarkのティム・ギル会長が先月、50%の持ち株を売却し、今後はQuarkを離れて、ゲイ・レズビアンの非営利団体のために自分の時間を使っていくことを発表した。

ティム・ギルは、1981年にレイアウト・ソフトウエアを開発するQuarkを設立、ソフトウエア開発者として「QuarkXPress」を生み出し、Quark全盛時代を築いた。数年前より、ギル氏は開発から離れるが、会長の座について組織内での影響力を持っていた。所有していた株式の購入者は公表していないが、QuarkのCEO、フレッド・エブラヒミ氏が有力視されている。

ギル氏がゲイ・レズビアンのために時間を費やしたいと発言したのは、1994年にコロラド州で反同性愛者条例が通過したことに起因する。同氏は、この人権を尊重しない同条例に反発してギル基金を設立。すでに1億6,500万ドルを寄付している。

□公式ホームページ(Quark・クオーク)
http://www.quark.com/


|milk vol.36 2000/11/22 |home2000

このページのトップへ戻る