【国内】新潮社・同性愛傾向認める三島由紀夫の書簡
三島由紀夫が自らの同性愛傾向を認めた書簡が収録されている「決定版三島由紀夫全集1」が、今月1日に新潮社から発行された。三島は今月25日に没後30年を迎える。

この書簡は、1949年7月に「仮面の告白」が刊行された後、精神科医の式場隆三郎にあてて書かれたもので、三島由紀夫研究家の田中美代子氏が解説の中で、その全文を引用している。三島は書簡のなかで「凡て私自身の体験から出た事実の忠実な縷述(るじゅつ)」と語っている。


|milk vol.36 2000/11/22 |home2000

このページのトップへ戻る