【米】ファイザー社・99年1月〜3月期売上高低迷で株価急落
男性の性機能を高めるという薬バイアグラのメーカーで知られる米製造2位のファイザーは今月15日、1月〜3月期の決算を発表した。全体では増収増益だったが、注目されていたバイアグラの売上高が前期と比べて18%落ち込んだため、投資家が失望。同社の株は急落した。バイアグラの販売は昨年4月の発売当初ほど勢いはなく、ウォール街では「興味本位で試してみる客が減ったからではないか」(市場関係者)などの諸説が飛び交っている。


|milk vol.16 1999/04/22 |home1999

このページのトップへ戻る