【国内】槇原敬之が覚せい剤所持で現行犯逮捕
シンガーソングライターの槇原敬之容疑者(30)=東京都港区南青山7-1-29=が、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で警視庁本富士署に逮捕されていたことが先月30日までにわかった。 同署は槇原容疑者が覚せい剤を所持しているという情報を得て内偵を進め、先月26日午前9時半ごろ家宅捜査。自宅マンション居間のソファの下に、ペンケースに隠した覚せい剤結晶約1グラムを所持していたことをつきとめた。

槇原容疑者は「(見つかった)覚せい剤は1週間ぐらい前に、新宿百人町の路上で友人が2万円すつだして買ったもの。1年ぐらい前から好奇心から使いはじめた」と供述している。逮捕時に一緒に自宅にいたフリーターの奥村秀一容疑者(23)=江東区亀戸 5-34-3=も同法違反で現行犯逮捕された。

槇原さんの所属する事務所「エイノート」では、今後の無期限の活動停止を発表。これまでのCD、ビデオなどもすべて店頭から回収されることになる。

□関連ホームページ
http://www.sme.co.jp/Music/Info/makihara/index.html (お詫び文)


|milk vol.21 1999/09/22 |home1999

このページのトップへ戻る