【マレーシア】アンワル氏の同性愛裁判が再開
先月10日に尿から高濃度のヒ素が検出されたと発表し、延期されていたマレーシアのアンワル前副首相兼蔵相の同性愛容疑を巡る裁判が今月5日に再開された。国立大学病院の報告ではアンワル氏に激しいヒ素中毒の兆候がみられなかったことと、同氏の体調が良好なことを受けての判断だが、アンワル氏側は、報告書が中毒の事実を完全には否定していないと指摘、「アンワル氏の中毒は事実」と反論している。一方、ジャミル・ジョハリ副警察長官は4日、アンワル氏のヒ素中毒疑惑を巡り、同氏が虚偽の報告をした疑いがあるとして、捜査に乗り出す方針を示唆した。


|milk vol.22 1999/10/22 |home1999

このページのトップへ戻る