【米】美人ファッションモデルの卵子をインターネットで競売
ネットビジネスが盛んな米国で、ファッションモデルの卵子を競売するホームページが登場し波紋を広げている。米国では臓器売買は違法だが、卵子や精子の売買は禁じられておらず、インターネットでの競売も違法にはあたらない。卵子の提供者は18〜30歳の8人のファッションモデルたち。価格は1万5000ドル(約160万円)から15万ドルに設定され、すでに4万2000ドル(約440万円)で購入を申し込んできたカップルがいるという。正式に受付が開始されるのは11月25日から。

□関連ホームページ(RON'S ANGELS)
http://www.ronsangels.com


|milk vol.23 1999/11/22 |home1999

このページのトップへ戻る