【国連】UNAIDS・10〜24歳の若者のHIV感染1分間に5人の割合で増加
国連共同プログラム(UNAIDS)は先月22日、若年層の間でエイズ感染が増えており、世界で1分間に5人の割合で10〜24歳の若者が感染していると発表した。それによると、エイズ感染者3,000万人のうち少なくとも3分の1が若年層。背景には若者の間での薬物注射の広がりがあるとも指摘している。(参考記事・ソース:4月23日付け 毎日新聞)


|milk vol.5 1998/05/22 |home1998

このページのトップへ戻る